全国9地域の代表32チームが出場する、第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会のグループステージ第2節が7月22日に行われた。

 プレミアリーグ勢対決となった鹿島アントラーズユースとの一戦に競り勝ち開幕2連勝となったアビスパ福岡 U-18サガン鳥栖U-18横浜F・マリノスユースがグループステージ突破を決めた。その一方で、プレミアリーグ勢がかたまった最激戦区のBグループに属したヴィッセル神戸U-18ガイナーレ鳥取U-18、ツエーゲン金沢U-18、愛媛FC U-18、水戸ホーリーホックユースの敗退が決まっている。

▽Aグループ
三菱養和SCユース 0-2 川崎フロンターレU-18
JFAアカデミー福島U-18 4-1 ブラウブリッツ秋田U-18

▽Bグループ
サンフレッチェ広島ユース 1-1 名古屋グランパスU-18
大宮アルディージャU18 1-0 ヴィッセル神戸U-18

▽Cグループ
東京ヴェルディユース 7-0 ガイナーレ鳥取U-18
ベガルタ仙台ユース 2-2 大分トリニータU-18

▽Dグループ
ガンバ大阪ユース 4-1 ツエーゲン金沢U-18
鹿島アントラーズユース 2-3 アビスパ福岡U-18

▽Eグループ
横浜FCユース 1-1 FC東京U-18
京都サンガF.C.U-18 1-1 ファジアーノ岡山U-18

▽Fグループ
清水エスパルスユース 1-0 松本山雅FC U-18
浦和レッズユース 2-1 モンテディ山形ユース

▽Gグループ
V・ファーレン長崎U-18 1-2 柏レイソルU-18
セレッソ大阪U-18 1-1 北海道コンサドーレ札幌U-18

▽Hグループ
横浜F・マリノスユース 1-0 水戸ホーリーホックユース
サガン鳥栖U-18 2-1 愛媛FC U-18

▽第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会